法人向けレンタルサーバーの選び方

企業のホームページや個人のブログなどに活用されているレンタルサーバーですが、スペックはさまざまです。スペックの低い安価なサーバーを利用すればサイトがうまく表示されないこともあり、ユーザーに迷惑をかけることもあるでしょう。

それなら、なるべくハイスペックなものを利用すべきだと思うかもしれませんが、料金にも相当な差が出てしまいます。レンタルサーバーは、どのような基準で選べばよいのでしょうか。

(seoって重要?seoを考慮したレンタルサーバーの選び方を紹介!)


レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーには大きく分けて、共用サーバーと専用サーバーがあります。それぞれに特徴がありますが、目的やサイト管理者のスキル、サイトの規模などによって、どちらを利用すべきかは違ってくるので注意が必要です。

双方のメリットとデメリットをよく理解し、運営するサイトに適したほうを選ぶとよいでしょう。

共用サーバー

設定が簡単で、低コストが魅力なのが共用サーバーです。安いところでは初期費用なしの月額費用が2,000円台で利用できるので、個人でブログを運営する場合などに適しています。手順に従うだけでドメインなどの設定もできるので、専門的な知識は必要ありません。

メンテナンスもサーバーの運営会社が行ってくれるので、初心者でも安心。個人のサイトだけでなく法人のサイトでも、規模が小さければ特に問題なく運営できるでしょう。しかし、共用である以上、同じサーバーを使用している他のユーザーの影響を受けることは否定できません。

状況によっては、ページが表示されるまでに、ものすごく時間がかかることもあります。そういった状態をストレスに感じる閲覧者は多いため、ページが表示されるまでずっと待っていることはないでしょう。サイト側からすれば、本来なら閲覧してもらえたはずの機会を逃してしまうことになります。

そのような状態になったときは、専用サーバーに移転することをオススメします。

専用サーバー

共用サーバーと違い、大規模なサイトの運営に適しているのが専用サーバーです。ユーザー1グループが1台のサーバーを独占しているので、他のユーザーが運営するサイトの影響を受けるということはありません。また、業者が設定を行う共用サーバーとは違ってユーザー自身で自由に設定できるため、OSやCPUも好きなものを選択でき、サーバーを最大限に活用できるでしょう。

しかし、自由に設定できるということは、言い換えると、ユーザー自身が設定しなければならないということです。当然ながら、サーバーに関する専門的な知識やスキルも求められます。専用サーバーを利用したいけど、専門家がいないためにあきらめるという企業もあるかもしれません。

そのような場合は、運用代行のオプションを視野に入れるとよいでしょう。また、安さを売りにしている共用サーバーとは違って、専用サーバーでは費用も一気に跳ね上がります。初期費用に10万円から20万円くらいかかり、月額の費用も3万円から4万円くらいかかるプランも珍しくありません。

費用の面も、十分に考慮するとよいでしょう。

共用サーバーと専用サーバー以外の基準

共用サーバーと専用サーバー以外にも、レンタルサーバーを選ぶ際の基準はあります。費用も当然その1つですが、その他にはセキュリティや容量、最大稼働率なども重視するといいかもしれません。サポート体制や、サポートの内容も把握しておくとよいでしょう。

多ければ多いほど良いセキュリティ対策

当然ながら、セキュリティ対策は多ければ多いほど良いといえます。サイトが乗っ取られて改ざんされたりウィルスを仕組まれたりすると、最悪の場合、サイト管理者の責任にもなりかねません。ホームページ用のファイアウォールであるWAFや通信を暗号化するためのSSLは、必要最低限のセキュリティ対策でしょう。

Web改ざん通知や国外IPアクセス制限を有していれば、さらに安全度は高まります。万が一、自然災害などでサーバーが破損することもあると考えると、遠隔地バックアップを利用していれば安心です。100パーセント安全にWebサイトを運営することは論理的に不可能ですが、少しでもセキュリティレベルを上げることを心がけたいものです。

どれだけのセキュリティ対策が施されているかは、サーバーを選ぶ際にはかなり重視すべき基準でしょう。

画像や従業員数が大きく影響するHDD容量

サーバーにはサイトのデータとメールが保存されますが、画像関連のデータが多くなれば、必要な容量は一気に多くなります。また、従業員が多くなればそれだけメールアドレスも多くなるということなので、必要なHDDの容量は増えることになるでしょう。

運営するサイトに必要なHDD容量の見極めは難しいかもしれませんが、一般的な目安として300GB以上の容量があれば、どんなサイトでも問題なく運用できると考えて良さそうです。

最大稼働率は99.99パーセント

レンタルサーバーのスペックの1つとして、最大稼働率というワードを目にすることが多いかもしれません。これは、サーバーが停止せずに稼働している割合なので、高ければ高いほどスペックが高いことを意味しています。

率という単位のため、論理的には100パーセントが最高ですが、レンタルサーバーの世界では99.99パーセントが実質の最大値です。

メンテナンスなどの関係もあって、100パーセントの稼働率というのは不可能なのでしょう。100パーセントでないことに不安を感じる人もいるかもしれませんが、99.99パーセントの稼働率を計算すると、停止している時間は年間でわずか52分程度です。

しかも、連続で52分間停止していることはありません。

0.01パーセントは、気にしなくてよい数値だといえるでしょう。最大稼働率は99.99パーセントのサーバーを選び、機会損失をなるべく少なくするように努力しましょう。

サポートが充実していれば安心

レンタルサーバーを選ぶ際に忘れてはならないのが、サポートサービスの有無です。特に、運用面に不安を抱えているユーザーには、24時間365日のサポートサービスがついているレンタルサーバーを強くオススメします。

一言でサポートといっても範囲はさまざまなので、どこまでサポートしてもらえるかも細かくチェックしておくとよいでしょう。一般的に運用歴が長い会社ほど、サポートに慣れているといえます。

まずは専用サーバーを検討

法人向けのレンタルサーバーであれば、共用サーバーよりも専用サーバーの導入を考えたほうがいいかもしれません。費用は比べ物にならないくらい高くなりますが、それ以上に機会損失のデメリットは大きいといえます。また、セキュリティや稼働率、サポート体制なども考慮し、サイトの訪問者に気持ちよく閲覧してもらえるように努めるとよいでしょう。